土地測量3

不動産を所有していくには、土地境界確定測量が欠かせません。これをしておかないと、隣接地の所有者との間におけるトラブルの火種となりかねないのです。また、所有している土地の形と広さを正確に知るためにも必要なことだと考えていいでしょう。それによって価値が決まってくることになるからです。とくに、外溝やブロック塀、フェンスといった設備が越境しているといったケースも考えられるので、互いに問題にならないように処理していくことが大切なのです。

実際のところ、日本国内では明確な境界が定まっていないというケースも多く存在します。しかし、そのような状態のままで、引越しや売却といったときに問題が生じることもあるのです。購入した土地の境界に、隣接地の塀が越境していたといったことで文句を言っても、相手側は悪びれることなく権利を主張するようなケースもあり、後々までトラブルを引きずることになる可能性もあるのです。そうならないためにも、正確な境界確定測量が必要だというわけです。

多くの土地にはたいてい登記簿がありますが、それが正確かどうかという点については、疑ってみることも大切になります。とくに古いデータの場合は明治時代のものもあるのです。そうでなくても、自分でもう1度測量をしなおしておくようにしたほうがいいでしょう。坪単位で価格が設定されることになっているので、隣の塀が越境してきているケースでは、長さによっては全体の面積換算で大きな損をしているといったことも考えられるというわけです。






保険販売の仕方が変わったことで意外な金額で入れる保険も容易に見つけられるようになりました。これまでにない新たな保険の選択肢が可能になりつつありまするライフネット生命が出現しその保険も出現したのです。-