土地測量2

土地家屋調査士と間違われやすい資格に、測量士というものがあります。土地や建物の広さや高さを測ることが主な仕事内容になっています。建設現場や公道などで、専用の器具を使って何かを調べているのを見たことがあるという人も多いはずです。それは、基準点を設定することで、そこから図面作成したり、図面どおりになっているかを調べるという重要な仕事を行っているのです。図面に基準を作っておかないと、あとから不具合が生じてしまうことになるからです。

この測量士になるには、大学や専門学校で必要な教育課程を修了しなければいけません。それから実務経験を積んで、国家資格として取得することになるのです。実務経験というのは、建設関係や不動産関係の会社でないと積むことはむずかしいと言えるでしょう。こういった専門学校や大学などの専門課程を経ていない人には、国家試験を受験するという道もあります。それに合格すれば同じ資格を取得することができるというわけです。

国家試験の内容は、三角法、多角法、水準法などの測量に関することのほか、地図の編集や応用力を試される問題も出題されます。毎年の合格率は10パーセント前後で、1桁の年も多くあります。そのことからも難易度の高い試験だということがわかるはずです。受験資格というのはとくに定められていませんが、きちんとした勉強をしてこないと合格するのは困難であると言えるでしょう。国家資格になるので、取得することによって仕事の幅が広がることになるでしょう。






経済社会を生きていく上で考えていかないといけないことはたくさんあります。その一つに保険やガン保険医療保険に入っておくことがあります。結構厄介と思ってしまうことです。保険比較をファイナンシャルプランナーにしましょう。保険を比べることを気楽に対応し過ぎないことです。保険の相談できる人にいろいろな相談を投げかけてみるのも-