土地測量1

不動産の登記に欠かせないのが、その土地や家屋に関する調査と測量になります。そのときに活躍するのが土地家屋調査士です。その物件がどのような状態にあるのかを記録するのが、その仕事になります。この調査と登記をしっかりとしておかないと、境界についてのトラブルが発生したりといったことも考えられるのです。不動産取引の安全性を確保して、所有者の権利を明確にするという重要な役割を担っていると言えるでしょう。

また、不動産の調査と測量のほか、登記の申請手続きを代行することもできます。実際の手続きには複雑な部分も多いので、依頼人の要請があれば代理として、自分が調査した物件についての申請ができるというわけです。土地の境界をめぐる民間紛争に関しても、弁護士と共同で関わっていくことになるのです。このように、不動産に関しては、いろいろな場面で活躍することになるのが土地家屋調査士というわけなのです。

そのための試験が、毎年8月の第3日曜日に開催されています。受験資格はとくにないので、誰でも受けることが可能になっています。午前と午後に試験が分かれていますが、測量士などの資格をすでに取得している人は、午前の試験が免除されます。午後の試験内容では、民法や不動産登記法、土地家屋調査士法といった分野から出題されます。筆記試験に合格すると、11月に行われる口述試験に進むことになります。合格率は毎年6パーセント程度と、難易度が高いことでも知られています。






うまく贈与税負担を少なくするかは相続税の問題として気楽に考えないことです。相続税の問題は甘く考えないことが大切なことです。相続税対策は工夫が必要です。相続や保険により相続対策は昔から資産承継で必ず生じる問題です。この問題の解決策についてはよく考えておけば何とかなるものかもしれません。-