賃貸住宅3

マンション経営というのは、成功すれば安定した収入源になりますが、失敗すると損失のほうが大きくなってしまうのです。その成否を左右する主な要因としてあげられるのが入居率です。部屋数に対してどれだけの人が借りているかによって赤字が黒字かに分かれるというわけです。空室が多いとその分、損失が出てしまいます。反対に入居者が多ければ、その分、家賃収入も増えます。要するに、空室を少なくすることが重要なポイントになっているというわけです。

そこで、マンション経営をはじめるにあたっては、情報収集が大切になってくるのです。そのエリアがどんな地域なのか、交通機関までの距離はどうなっているのか、買い物や病院、公共施設の利用といった利便性はどうかといった要素をチェックしていくことになります。中古物件を購入するときにもそれは同じです。ただし、その時点で満室だからといって、その状態がずっと続くと考えるのは早計だと言えるでしょう。中古物件を買うときには、慎重に情報収集をすることも大切なのです。

それは、学生などの若者が多いマンションはとくに注意が必要となるでしょう。なぜならば、入学や就職、あるいは転勤といったシーズンでの入れ替わりが多いと考えることができるからです。そうした場合、購入を決める前には満室でも、経営をはじめてからすぐに空室が増えてしまうといったことも考えられるのです。ほかにも、入居者を集めるためには、さらなる修繕や改修が必要になるといったケースも考えられます。そういった物件を見極めることも大切なのです。






自動車共済に火災共済、そして生命共済。多くの共済商品が販売されています。そしてそれぞれに与えられた役割は違います。共済はしっかりと考えることとが大切なことになります。共済の保障プランは比較してから度の保険かを決めましょう。-