賃貸住宅1

マンション経営というのは、不動産の活用方法のなかでも代表的なものの1つだと言えます。所有している土地に新築で建てる方法と、土地から探して建てる方法、あるいは新築や中古物件として購入するといった方法があります。いずれにしても、入居者を募って、家賃を自分の収入としていくことができるのです。それによって、長期の安定した収入源として、老後の年金代わりにしていくといったプランを立てている人もいるというわけです。

こういったマンション経営の際には、たいていローンを組んで資金を捻出することになります。その場合は、最初のうちはローンの返済に家賃収入があてられることになります。ですから、はじめから利益をあげることができるわけではありません。しかし、家賃収入があることで、無理なく返済していくことができますし、完済してからはすべてが自分のもとに入ってくるようになるのです。ですから、定年までに完済するプランなどを利用する人も多いのです。

そして、マンション経営では、節税効果も期待できます。まず、固定資産税に関しては、更地のままにしておくときと比べて6分の1まで下げることができます。それに加えて、確定申告の際にローンの利息分や各種税金なども必要経費として計上できるようになっています。経営が赤字の場合は、それ以外の所得と相殺することが可能になっているので、本業がある人などは、その所得分から引くことで、住民税や所得税を抑えることが可能になっているのです。






よく考えよく気合を入れて学資保険を比べてみましょう。子供が大きくなったときにどうするかで選ぶ保険も違うものなっていきます。よく比較検討して意思決定しましょう。それがポイントです。-