遺言分割2

誰かが亡くなり、相続の手続きを開始する場合、遺言書があるかないかによって手続きが全く異なります。遺言書がない場合、法定相続人が全員で集まって遺産の分配や相続の仕方を話し合わなくてはなりません。そもそも、手続きの問題だけではなく、故人の遺志を尊重することを考えても、遺言書を残している可能性がある場合はしっかりと探す必要があるでしょう。

遺言書を残していることがはっきりしており、保管場所まで聞いている場合は問題ありませんが、大変なのは保管場所がわからないとき。保管している場所として比較的多いのは、家の中の貴重品を置いている場所や自宅内の金庫、書斎の引き出しなどがあげられるでしょう。また、場合によっては付き合いのある弁護士さんなどに預けていることや、銀行の貸し金庫などに預けているケースもあります。

普段からお付き合いしているところに問い合わせてみると、そこに保管されていることも考えられます。また、公正証書遺言として公証役場に保管されていることも考えられますので、必要に応じて問い合わせてみると良いでしょう。

遺言書は故人の遺志を明確に示し、希望どおりに資産を引き継ぐためにとても大切なもの。関係のあるどなたかが亡くなったときにしっかりと探すのはもちろん必要ですが、ご自身でも健康なうちに自らの資産について確認して、遺言書をしっかりと残したうえで保管場所についても知らせておくのが必要といえるでしょう。






生命保険をどんな人に相談しますか。ちゃんとファイナンシャルプランナーについてよく考えておけば何とかなるものかもしれません。生命保険のファイナンシャルプランナー・FPとして活躍している保険のプロもいます。どのような立場からアドバイスをもらうかでどんなプランの生命保険による保障になるるかが決まります。ファイナンシャルプランナーと保険も検討しましょう。ファイナンシャルプランナー・FP次第になります。-