遺産相続1

遺言というと、「縁起でもない」と思う方も多いかもしれません。確かに、元気で健康に心配がないうちに遺言書を準備することは誰でもあまり考え付かないことかもしれませんね。ですが、もしも万が一のことがあった場合に、遺言書を残しておいたほうが良いケースは確かに存在します。一般的に誰かが亡くなったときに遺言書がない場合は、法定相続人全員で遺産分割協議を行い、全員で合意に至る必要があります。これらでトラブルになってしまうケースは非常に多く、そういったトラブルを防ぐ意味合いでもご自身の望む分配について記しておくことはとても大切です。

では、実際に遺言書を残しておいたほうがいいケースとしては、どのような状況があるでしょうか。ひとつには、事実婚関係にあるパートナーがいる場合や、内縁の夫や妻がいる場合。これらのケースでは、パートナーは法律的な婚姻関係を結んでいなければ、何年一緒に住んでいても、たとえ最後まで世話をして看取ったとしても、何の対策もとらず、事前の取り決めもしていなければ、法定相続人とはなりません。そのため、遺言書に指定しておく必要があるのです。

また、法定相続人たちが互いにコミュニケーションをうまく取れない場合や、仲が悪い場合などもまた、遺言書を残しておいたほうが良いでしょう。遺産分割協議で喧嘩になったり、相続人のうち幾人かが権利を激しく主張することで、さらに関係性が悪くなってしまうケースも少なくないからです。






ガン保険をご存知でしょうか。ガン保険は生命保険会社や損害保険会社の商品でガンの原因で入院等したときに給付金が支給されます。入院に伴う多額の出費があります。まかなうための生命保険です。ガン保険は必要でしょうか。-