遺産相続3

遺産を相続する際、財産が多いと相続税がかかります。相続税は、遺産の相続には避けて通れないものですから、基礎的な知識は身に着けておきたいですね。そもそも、相続税がかかるのは、財産の固定化を防ぎ、裕福になる機会を均等化するはたらきがあります。ある意味では国が相続人のひとりとなって納められた遺産を社会へ還元する、という意味合いもあるようです。ただ、相続する場合に必ず相続税がかかるかといえばそうではなく、さまざまな控除がありますので、実際に相続税を払うケースは4〜5%ともいいます。そう聞くと、意外と少ない割合ですね。

相続税について注意が必要なのは、引き継ぐ資産が現金や預貯金ではないとき。たとえば、先祖代々受け継がれてきた土地が、何かの理由により地価が高騰して資産価値が上がった場合などは、注意が必要です。土地はすぐに現金化できるものではありませんし、それでも相続税は納める必要があるからです。それをすぐに払えない場合は、土地など不動産を売却するという選択もありますが、そうした場合には譲渡所得税がかってきます。結果的に、相続税と譲渡所得税をダブルで納める必要があるケースでは、税金を払った後には遺産がかなり目減りしてしまう場合もあるようです。

相続税がかかるくらいの財産がある資産家の方は、事前にどういったものに税金がかかるのかを把握し、相続税に関する税制を十分に勉強したうえで遺言などを記しておくことが大切といえるでしょう。






しっかりと考えて保険についての検討をしましょう。選んだ保険商品によって入るべき保険に差が生じてきます。保険についての手続きはこのような考え方に立つことも大切なことであります。落ち着いて考えて検討して保険を考えましょう。それが保険選びで大切なことなのです。ほ保険ショップブランドです。保険相談を受け付けてくれます。-