遺産相続2

遺産相続でもめるなんて、ドラマのなかの話と思う方も多いかもしれませんが、全くもめないケースも珍しいくらい、相続に関わるトラブルはつきません。それは、相続人それぞれに自分の欲や権利があるからです。相続人の誰もが、亡くなった方と深いつきあいがあり、同じように過ごしてきたのであればもめることは少ないと思いますが、相続人それぞれで関係性が異なることは普通です。トラブルが起こりやすいケースとしては、「同居の相続人とそうでない相続人がいる」「亡くなった方の子と、孫がどちらも相続人となっている」「異母兄弟がともに相続人となっている」などのケースがあります。では、遺産相続の際にもめないようにする注意点としては、どのようなことがあるでしょうか。

ひとつは、それぞれが十分に情報をオープンにすること。生前に亡くなった方から贈与してもらったものは何があるか、その方自身はどう分割することを願っていたか、財産の全量は何があるかなどを、隠すことなく相続人全員が知ることが基本です。下手に隠したことで「自分だけが得をしようと思っている」などと思われ、こじれてしまうパターンも多いといいます。

また、コミュニケーションを十分にとり、言葉の使い方などにも気を付けることです。相続はデリケートな問題だけに、ちょっとした言葉ひとつでこじれてしまうこともあります。たとえば、相続を放棄する書類に判を押せと一方的に言われれば抵抗がある方がほとんどだと思いますが、生前の故人に深くかかわり、面倒をみた方から、「申し訳ないが譲ってほしい」と言われたら快く譲る方は多いのではないでしょうか。






保険ショップでは生命保険等の保険を考えておけば想像したよりスムーズかもしれません。後悔しないように解決するためにはどう考えますか。どんな知り合いに相談しますか。保険見直し本舗見かけるようになりましたここでの生命保険の生命保険のFPやアドバイザーつまりコンサルティングしてくれる人もいます。-