事業承継3

事業承継とは、会社のオーナーが会社の経営を後継者に引き継ぐことをいいます。この事業承継は親族に対して行われる場合や従業員に対して行われる場合などいくつかの方法があり、その手続きに関しては簡単に思う方もいるかもしれません。ですが、事業承継ができずに廃業してしまう会社も多いといえば、その難しさが少しは伝わるでしょうか。

中小企業や未公開企業では、経営者の手腕が経営状態に与える影響が大きいケースが非常に多くあります。そのため、一見問題なく承継できるような場合でも、事業承継したあとにうまくいかないケースや、事業承継時に借入金を引き継ぐにあたって、金融機関が難色を示す場合もあるようです。そのためにも、スムーズに事業承継を行うには後継者をあらかじめ決定しておき、関係者との信頼関係を十分につくり、経営者としての教育を行うことが必要です。後継者がいないことがわかっている場合は、早いうちから人材をヘッドハンティングして育成したり、時にはM&Aなどの方法も考慮してみることが必要となるでしょう。

事業承継に関しては、押さえておくべきポイントやスケジュール、相続対策についてなど、役立つ知識を得ることができるセミナーもさまざまな会社で開催されています。スムーズな事業承継を行うには早期の取り組みが何より大切といいます。会社の未来を考え始めた方は、まずはこうしたセミナーに参加してみるのもひとつの有効な方法かもしれません。






 保険について考えることは、自分にとっての危険をどう考えるかということです。必ず問題になります。JA共済など、保険以外にもあります。共済種類は驚くほど複雑です。各共済の内容も対象も考え方も随分と違うものです。様々な共済を比較検討するは苦労します。-